首都圏で見られる子どものリビング学習事情

2017-12-05
40 views

 

お子様が小学生になると勉強部屋を用意して、机を購入し自分の部屋で勉強してもらうと考える人も多いかと思います。しかし、実際には子供部屋で勉強せずにリビングで勉強しているお子様の割合が多いです。なぜそうしたご家庭のお子様はリビング学習をしているのでしょうか。この記事ではリビング学習の利点と注意すべきことについて説明します。

【リビング学習ってどんなもの?】

 


そもそもリビング学習とはどのようなものなのかというと、その名の通り、リビングで勉強することを言います。リビングとは居間のことで、家族が普段集まる場所ですから、勉強するための部屋ではなく、家族が集まって話をしたり、テレビを見たりする場所です。そのため、これまでは勉強する場所ではないと思われてきたのです。こうした場所で勉強する方が良いと考えられる理由については後ほど説明します。
 

【リビング学習をしている年齢は?】

 



リビング学習が効果的と言っても、高校生や大学生になってまでリビング学習をしているということはありません。リビング学習をしている年齢としては小学生が多いです。中学生になると各自の部屋で勉強している人の割合がぐっと上がります。小学生のうちに勉強の仕方をリビング学習で付けておけば、中学生になって自分の部屋で勉強するになっても大丈夫でしょう。


首都圏は中学受験をする家庭が年々多くなっております。


中学受験は学習面も生活面も親の協力なしでは乗り越えられないものです。
そういった事情も含め小学校時代でのリビング学習が増えていると思われます。
 

【なぜリビング学習が良いの?】

 


リビング学習の利点として挙げられるのは、次の3つです。以下、それぞれ説明していきます。
 


1.保護者の方の目が届く
子供部屋だと勉強しているのか遊んでいるのか分かりません。実際に、勉強しているかと思って部屋を覗いたら、マンガを読んでいたとか、消しゴムを弄っていたなど、勉強していないということは多いです。特に小学生の場合、そうしたことが多いです。それに対して、リビングであれば何をしているかがすぐに分かるわけですから、遊んでいれば注意できます。こうした環境はお子様からしたらキツイと感じるかもしれませんが、保護者の立場から言えば勉強をさせる環境として良いでしょう。
 


2.質問しやすい
リビング学習の場合、保護者の方が近くにいるわけですから、何か分からない所があれば質問できます。子供部屋で勉強していると分からない所でずっと止まっているということもあります。こうした時に声掛けができるリビング学習は勉強もはかどります。お子様にとっても質問ができて、宿題などが早く終わるのは嬉しいのではないでしょうか。
 


3.パソコンやタブレットを利用できる
最近ではパソコンやタブレットを使った勉強方法も増えてきました。ただタブレットやパソコンはゲームをしたり、ユーチューブを見たりすることができます。タブレットで勉強しているのかなと思ったら、アプリで遊んでいたということもあります。タブレットを配布して学習する地域もある中で、タブレットやパソコンは絶対に使うなということはできませんよね。そうであれば使う場所を限定するのが良いでしょう。リビング学習の際にパソコンやタブレットを使うようにしておけば、何をしているか保護者の方からも見ることができますので安心です。
 

【リビング学習で注意することは?】

 

リビング学習の利点についてはすでに説明しましたが、リビング学習を行う際に注意すべき点もあります。これらの注意点を守らないとせっかくのリビング学習も効果が半減してしまいます。
 


1.必要以上に監視しない
前述したようにリビング学習の良さは親の目が届くことなのですが、かといってずっと監視されているとお子様も勉強に集中できません。リビングで勉強しているお子様の前に保護者の方が座っていたら、間違えたら何か言われると思って、勉強の中身が頭の中に入ってきません。お子様が勉強している間、見える位置にいるのは大切なのですが、目の前で監視するようなことはやめましょう。
 


2.何でも教えない
リビング学習の利点として、分からない所を保護者の方に聞くことができることをあげましたが、聞かれたことは何でも答えればよいというわけではありません。自分で調べたり、自分で考えて答えを導き出したりすることができないと、本来の学力が育つことはありません。考えれば分かることや調べれば分かることに関しては、本人にやらせるようにしましょう。
 


3.うるさくしない
リビングは家族団欒の場ですから、どうしても騒がしくなってしまいます。リビングにテレビがあるご家庭も多いのではないでしょうか。テレビがついている部屋で勉強ができるかというとできないですよね。ご兄弟がいるご家庭では「テレビ見たいのに…」ということもあるかもしれませんが、そこは家族で協力していきましょう。
 

【まとめ】

 

 


リビング学習は多くのご家庭で実施されており、実際に勉強もはかどります。ただし、必要以上に保護者の方が関与してしまうと、その効果は半減してしまいます。前述した注意点を守って、リビング学習に取り組んでみましょう。
 
 

コラム関連記事

このページの先頭へ