新居探しでチェックしたい周辺施設

2018-01-13
61 views

【新居探しで押さえておくべき周辺施設】


新しいマイホーム探しで押さえておきたいポイントはありますか?戸建てかマンション、住戸価格、駅までの距離、間取り、内装、設備仕様、周辺環境etc…と気になるポイントは数多くありますよね。これらは、引っ越しをして住み始めてからの過ごしやすさを無意識に考えていることになるのではないでしょうか。自分が住むことになる場所には、どんな施設があって、どういう生活が送れるようになるのか。事前にわかっていれば不安なく新しい生活に向けた準備ができますよね。

 


今回は、日々の生活の中で過ごしやすさに充足感を与えてくれる“なければ困る・あったら助かる”「新居探しでチェックしたい周辺施設」についてご紹介します。

 

【スーパー・コンビニ・商業施設】

 


食料を調達する上でなければ困る「スーパー」。食材だけではなく、スーパーの規模によっては着るものや洗剤類などの日用品も手に入れることができます。なので生活を送る上で、なくては困るスーパーの場所はおさえておきましょう。その際に、そのスーパーの営業時間や価格、品揃えも併せてチェックしておくこともおすすめします。

 


会社帰り、学校帰りに気軽に立ち寄れる「コンビニ」。家の近くにあると便利ですよね。スーパーほどの品揃えはないものの、お弁当や飲み物、日用品を手に入れることができます。また、公共料金の支払いやチケットの受け取り、ATMコーナーや宅配便の取り扱いをしていて、わざわざ銀行や運送会社などに行かずにすむので、生活の負担が軽くなります。

 


映画館や衣料品店、飲食店・ゲームセンター・本屋・雑貨屋など様々なお店が集められている「複合商業施設」。週末に家族と出かけて楽しく過ごせるでしょう。また、複合商業施設では小さいお子さんがいる方向けに、授乳室の設置や小さい子向けの商品を販売するお店も充実しているので、子育て世帯(子育て予定も含め)にはチェックしておいてほしい施設です。

 

【病院・ドラッグストア】


体の調子が悪くなったときには欠かせない「病院」。総合病院が近くにあるに越したことはありませんが、なければせめて頻繁に通院する可能性のある歯科と内科の場所は押さえておきましょう。また、これから家族を増やしたいと思われている方は、産婦人科がどこにあるかも押さえておくとよいでしょう。その際に、ネットを使ってスマホやPCなで料金や口コミもチェックしておくこともおすすめします。

 


生活必需品や薬剤が手に入る「ドラッグストア」。お菓子類や飲み物などの食料品も扱っていて品ぞろえが豊富です。トイレ・バス用品やキッチン用品などの消耗品の補充に欠かせない施設でしょう。

 

【市役所・警察署・郵便局・銀行】

 


引っ越すと申請手続きが必ず必要な「市役所や村・町役場」。引っ越しをすると転入届や、人によっては国民健康保険や年金の更新手続きをしなければなりません。頻繁に行く施設ではありませんが、引っ越しをしたら必ず行かなければならないところなので新居との位置関係は確認しておいたほうがいいでしょう。

 


治安のいい地域で暮らすのに必要な「警察署」。暮らしの安全を見守ってくれる警察署が近くにあると、安心して生活できますよね。また、免許を持っている方は引っ越しした際に免許に記載されている住所の書き換えも必要になってくるので、場所を事前に確認することをおすすめします。

 


お金をおろしたら、預けたりするのに必要な「郵便局・銀行」。郵便局はお金の取引以外に、手紙やはがきなどの郵便物の取り扱いができて近くにあると便利な施設です。

 

【幼稚園・学校・飲食店】

 


お子さんが通うことになる「幼稚園・学校」。お子さんがいる方も、将来的に予定されている方も、お子さんが通うことになる幼稚園・学校が新居からどの程度の距離にあるのか確認されることをおすすめします。幼稚園はスクールバスがあるので、事件や事故に巻き込まれる可能性を心配する必要はありませんが、小学生になると通学路を歩いて通学するので事件・事故に巻き込まれないよう、通学が交通量の少ないところか、困ったときはすぐに駆け込める施設や民家があるかなど、確認することをおすすめします。

 


家に食材がなかったときや、午後のひとときにお茶を楽しめる「飲食店」。週末は家事を少しお休みできて、家族でプチお出かけできる飲食店があれば外出もできて気分転換にもなりますよね。

 

【番外編】

 


あると便利な施設としてピックアップするのは「図書館、総菜屋」です。


図書館があれば、本の貸出だけでなく、最新の新聞や雑誌が読めたり(場所によりますが)、ゆっくり過ごせる場所が家だけではなくなります。また、家で過ごす時間が少なくなれば光熱費を抑えることもできますよね。また、総菜屋があれば、お仕事や育児などで忙しく、ご飯のおかずが寂しくなってしまうときにプラスαで買い足しすることができるでしょう。

 

【まとめ】


どの施設も家の近くにあれば便利だと感じやすい施設ですが、自分たちにとってどの施設が近くにあるほうが便利なのか自分たちの生活をイメージすることをおすすめします。大切なものの優先順位をはっきりさせるとことで、きっとよりよい新居に巡りあえますよ。

 

コラム関連記事

このページの先頭へ