失敗しないインテリア選びで新居をコーディネート

2018-02-02
61 views

お気に入りのインテリアで新居をさらに華やかに

人生において一番高い買い物だとされているマイホームの購入。新居を購入するにあたり、設備や内装、外観など自分たちが一番いいと思うものを検討されますよね。そして、お気に入りの新居が決まったあとに考えることは、新居の雰囲気に合うインテリア選びではないでしょうか(中にはインテリア選びを先にされる方もいるかもしれませんね)。今回はみなさんが選びに選び抜いた新居を、さらに快適な住み心地だと思えるようになるために、おすすめするインテリアの選び方やおすすめのショップについてご紹介します。

 

インテリア選びを失敗しないための準備とは


まず、みなさんは購入した新居の外観や内装におけるテイストをご存知でしょうか?具体的にテイストというのは、以下のものが一部例に挙げられます。まずは新居のテイストを理解・把握してみなさんがピッタリだと思うインテリア選びをしましょう。

  • 明るめの木目が基調(床や柱)とされることで素朴な自然が感じられる「ナチュラル」テイスト
  • 寒い季節を感じさせないような明るめの木質による内装作りがいまだに根強い人気を誇る「北欧」テイスト
  • パイン材が取り入れられ、アメリカのログハウス風なやわらかい雰囲気の「カントリーアメリカン」テイスト
  • 床や壁に渋みを帯びた色を使い、50~60年代のアメリカで生み出されたポップなカラーに彩られたインテリアを合わせる「ミッドセンチュリー」テイスト
  • 建具には障子、壁は和紙のクロスなどを使うことで“和”の雰囲気を演出し、懐かしく落ち着いた気持ちにさせてくれる「和モダン」
  • 暗めで渋い床にシンプルな柄のクロスを合わせてスタイリッシュで都会な雰囲気を演出する「モダン」

 


このように、内装テイストにはいくつも種類があります。ただ、オーダーメイドでない限り新居の内装は「ナチュラル」テイストか「モダン」テイストが多くを占めているので、まずは代表的なものをとりあげさせてもらいました。一方で、「ナチュラル」テイストか「モダン」テイストの内装であっても、「カントリーアメリカン」や「ミッドセンチュリー」などの、それ以外のテイストの雰囲気を演出したいのであれば、思い描くテイストのインテリアや小物選びによる工夫次第で雰囲気を変えることもできるでしょう。

 

インテリア購入のおすすめショップ紹介


それでは、新居のテイストがわかったところで、具体的なインテリア選びの参考になりそうなショップについていくつかご紹介します。

  • 「無印良品」・・・無印良品のオンラインショップです。
  • 衣類や生活雑貨、食品など幅広く商品を扱っていますが、家具や家電の取り扱いもあり、シンプルで飽きのこないデザインは「ナチュラル」「モダン」などのシンプルテイストとの相性がいいでしょう。また、無印良品のインテリアが1つあるだけでおしゃれが+αされるでしょう。

  • 「ニトリ」・・・ニトリのオンラインショップです。
  • いざ、インテリア選びに困ったときはここに駆け込めば安心でしょう。価格や機能性も安心です。こちらも「ナチュラル」「モダン」などのシンプルテイストとの相性がいいでしょう。

  • 「IKEA」・・・IKEAオンラインショップです。
  • 「北欧」ブームの火付け役といっても過言でないIKEAで取り扱う商品は「北欧」テイストにしたい方であればぜひチェックしておくことをおすすめします。

  • 「じゅうたん王国」・・・じゅうたん王国のオンラインショップです。
  • じゅうたんやラグ、カーテンの専門店で、価格が良心的なうえ、ナチュラル」から「ミッドセンチュリー」の幅広いテイストに合う商品展開をしています。

  • 「大塚家具」・・・大塚家具のオンラインショップです。ご紹介してきたショップに比べると価格が少し上がりますが、点検・メンテナンスパックサービスの提供やインテリアの選びの相談窓口なども設置されています。「ナチュラル」「モダン」「和モダン」などのシンプルテイストとの相性がいいでしょう。
  • 「Ashley FURNITURE HOMESTORE」・・・Ashley FURNITURE HOMESTOREのオンラインショップです。
  • アメリカ国内で家具売上1の実績を誇る家具屋で、2008年に横浜店を出店しています。「カントリー」「ミッドセンチュリー」などのアメリカンテイストにされたい方におすすめです。

  • 「巧大塚」・・・大塚家具創業者であり元会長の大塚勝久さんが興した家具屋です。
  • 取り扱っている商品は海外の有名ブランドとなっていて価格も高く設定されていますが、高品質でこだわりのインテリアを購入したい方にはおすすめです。「ナチュラル」「モダン」「和モダン」などのシンプルテイストに加え、「南欧」などのヨーロッパテイストとの相性もいいでしょう。

     

    「巧大塚」を除いて、お店としても出店しているけれどオンラインショップも展開しているショップについてご紹介しました。インテリア選びは実際に見て購入を検討するのがおすすめですが、家の近くにこういったお店がないなどの事情がある方はネットを使って購入する方法をとられたほうがよいかもしれませんね。

    まとめ

    ここに挙げたテイストは一部例ではありますが、主にとりあげられるテイストをご紹介しました。
    自分の家の内装のテイストがいまいちわかならい方は、新居購入元の担当者の方に聞いてしまうのもよいかもしれません。そして、自分たちが思い描くテイストのイメージができたら、それに合うインテリアを購入し、居心地の良い住まいづくりをしてみてくださいね。


    コラム関連記事

    このページの先頭へ